あちら立てればこちらが立たず

春先から太りだし、73キロを超えるようになった。これまでならちょっと気をつければ70キロまで戻せたのに、今回はなぜか歯止めが利かず、74キロを突破した。歳のせいで代謝が悪くなったんだろうと子どもに言われ、首を傾げていてハタと思い当たった。昨年秋にタバコをやめたからに違いない。太り出すまで間があったので、すぐには原因にたどり着けなかった。

喫煙は、肺機能の低下を止めるためにやっとやめたので、体重調整のためといってまた始めるわけにもゆかない。となると、炭水化物を減らしてカロリー制限した食事と運動ということになる。栄養はたまご、魚、牛乳、大豆製品などのタンパク質で補えばよい。

ところが先日、病院の栄養指導を受けたら、全く逆のことを言われた。「タンパク質を抑えて、炭水化物で補ってください」。これには少々いきさつがある。

3、4年前から病院の定期検診で尿にタンパクが出るようになり、要検査の指示で町医者に見てもらってきた。その後、病院からは毎年指示が出るが、私としては町医者に預けて、観察下にあるつもりだった。ただし、町医者は血液検査と尿検査はせっせと取るが、結果に対してどう動くというわけでもなく、「尿たんぱくには、塩分減らして血圧下げるぐらいしかやりようなくて。まあ人工透析というほどの数字でもなく、しばらく経過観察しましょう」で終わっていた。

なにもしないなら毎回検査をする必要もないし、それに順番待ちの患者が多くて予約しても長時間待たされるので、いつ来ればよいのだと受付に聞いても「何とも言えません」などとマヌケな返事をする。高齢化社会が進むと、とりわけ内科は放っておいてもじいさん、ばあさんが、あっちが悪い、こっちが悪いと押し寄せるから、医者も受け付けも真剣味がなくなる。

上から下まで頭を使わない医院には見切りをつけて、町医者を変えたところ、病院と町医者の連携が取れ、病院に3泊して腎生検(腎臓の組織を取り病状や原因を分析する検査)をすることになった。病院で、なんでもっと早く来なかったの、と言われたが、冗談じゃない、ずっと町医者に診てもらっていた。なるほど、かかりつけ医がいれば安心なのでなく、かえって事態を放置し、悪化させることもあるのだ。医者を無条件で信用しないほうがよい。

腎生検の組織採取自体は30分ほどで終ったが、そのあとが大変で、自分の体重で腎臓の止血をしなければならないから、一昼夜仰向けに寝たまま身動きできない。食事が運ばれても、仰向けの姿勢でどうやって食うんだと思うし、運動量ゼロで腹も減らないし食欲もない。3食抜いたら2キロやせた。これがせめてものご褒美。

健康のためにタバコをやめたらメタボになり、健康のために炭水化物を減らしたら、健康のためにタンパク質を減らし炭水化物で補えと言われ、あたしゃ一体どうすりゃいいのさ。

おまじない

このにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へボタンを押して
しばらく何も食わなきゃいいかも



この記事へのトラックバック