信ずる者に幸いあれ 1

次男が昨年、秋も終わりかけたころから教会の日曜礼拝に通い始めた。気持ちの落ち着ける場がほしかったようだ。

宗教心を持つことはよいことだ。しかしどんな教団なのか。私にはキリスト教の教団のことはよく分からない。見かけは優しいが、実は狂信的なカルト教団だったりすると厄介なので、クリスマスイブのイベント開催の機会に、ようすを見に行ってきた。

クリスチャンのハープ奏者が招かれて演奏し、そのあと賛美歌を少しと牧師さんの話があった。次男と顔見知りの数人と挨拶を交わし、話してみたが、みな穏やかで気になるような点はなかった。

雰囲気だけでは分からないので、ネットで教団をチェックしてみた。私の知識と言えば、中世の宗教改革で、免罪符を与えて金を集めるカトリック教会に抗議して、プロテスタントが分立したことぐらいだが、プロテスタントはその後もたくさんの教団に分裂しており、大きくは福音派と自由主義神学に二分できるらしい。

次男の通う教団は日本福音同盟に属し、「聖書は神の霊感によって書かれ、誤りない神のことばである」との立場にある。特権を振るう教会ではなく、原点の聖書に戻ろうというのは、プロテスタントの出発点としてもっともな話だが、自然科学の発展とともに困った問題が出てきた。

地球は宇宙のかなたで星屑が衝突、合体し、冷えて固まった惑星で、人間は猿から進化したことを受け入れるなら、聖書に書かれた天地創造をどう扱えばよいのか。ノアの方舟、処女降誕、キリストの復活、数々の奇蹟。この点で、多数の教団には硬軟あるが、聖書にも誤りがあると認めるのが自由主義神学で、福音派はあくまで忠実な聖書信仰に基づくらしい。

宗教の領域でこんな話はいくらもある。神道では神が大和の国を産み(古事記)、釈迦は摩耶夫人の右脇から生まれたとされている。釈迦もキリストも実在の人物で、そんなにむちゃを言わなくてもと思うが、宗教が神格化や神がかりをして何が悪い、と言われればそれもそうだという気になる。

ウソかマコトかなんてことはどうでもよい。たとえウソだとしても信じるか、それはそれとして合理的に使い分けるか、そこに信仰のあり方の違いがあるのだろう。

ウソだとしても信じられるか。親鸞は、門徒に教えない特別な秘法があるのではと彼らから問われ、「そんなものはない。ただ師の法然上人の教えを守って念仏を修行するのみ。もし師に騙されて地獄に堕ちるなら、それでも後悔はない。私にはこうするより他に方法がないから」と答えている(歎異抄)。ここまで思い切れると、信仰に凄みが出てくる。(つづく)


おまじない

このにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へボタンを押して
求める人には救いの手を